更年期障害の悩みを1人で抱え込まないことが大切

更年期になると

診察

更年期障害は、とても辛い症状です。体の症状の辛さと年齢的な心構えと複雑な心境です。あまり深く考えないで悩まないようにしましょう。更年期障害は、受け入れて向き合うことが大切です。少しでも心と体が楽になると良いです。

詳しくはこちら

症状を緩和する方法とは

頭を押さえる女性

症状の進行を防ぐ方法とは

更年期障害の症状緩和方法としては、ホルモン治療やプラセンタ治療、漢方、食事療法などが一般的です。自分の生活スタイルに合った方法を一番に選び、徐々に並行して複数の治療法を組み合わせて行う場合もあります。最も日常生活に負担をかけずに行える症状緩和方法としては、プラセンタ成分が配合されたサプリメントや漢方薬を利用した方法です。サプリメントでも、場合によっては病院で処方をしてもらい入手する事ができます。また、漢方に関しては、漢方薬を取り扱っている漢方専門薬局で薬剤師へと相談しながら一緒に選ぶ事が可能です。漢方薬の場合では、更年期障害の症状に沿った効能で選び、服用期間も細かく決める事が出来ます。購入できる量も購入者によって決める事が可能なのでとても便利です。

症状を緩和させる食材とは

更年期障害の症状を緩和する食材としては、大豆などに含まれるイソフラボン成分があります。イソフラボンとは、エストロゲンに類似した作用を持ち、この様な成分をフィトエストロゲンと言います。また、ミネラル成分が多く含まれている食材の中では、ホウ素が含まれるキャベツがあります。ホウ素とは、エストロゲン分泌量を増加させる作用があるとして、更年期障害の症状を緩和する際には必要な成分です。エストロゲンに関する成分以外にも、カルシウムも必要となります。カルシウムを摂取する大きな目的とは、エストロゲン分泌量が低下する事によって起こる骨量の低下を防ぎ、骨の形成をサポートする目的で摂取します。一日の必要栄養摂取量を大きく下回る方の場合では、食事からの摂取だけでなくサプリメントを利用する事を考える必要があります。こういったサプリメントや治療方法を行ないながら、更年期障害を乗り越えていきましょう。

ストレスに気を付ける

困る女性

女性ホルモンの分泌低下といった身体的要因とストレスを抱えてしまう精神的要因が複雑化させている更年期障害です。しかしホルモンを外から注入したり、食事を見直したり質のよい睡眠をとったり、なるべくストレスのかかりにくい生活を心がけることで症状は改善できます。

詳しくはこちら

女性特有の病

男性医師

ほとんどの女性が経験するとされる更年期障害は、女性の社会進出、家族のあり方の変化の中で注目を集め、近年話題になっています。更年期障害のサポート体制や治療法の研究、発展は日々進んでおり、更年期障害を取り巻く環境はより改善されていくでしょう。

詳しくはこちら

Copyright © 2016 更年期障害の悩みを1人で抱え込まないことが大切 All Rights Reserved.