更年期障害の悩みを1人で抱え込まないことが大切

更年期になると

診察

症状

更年期の女性独特の症状と考えられていた更年期障害は、最近では男性や若い方も症状が出ると判明しました。更年期障害の症状としては、汗が多く出るホットフラッシュや突然の寒気、頭痛といった身体症状だけでなく、意味もなくイライラしたり、憂鬱な気分になってしまったりといった気持ちの面での症状も現われます。また、人により症状の軽い方や重い方もいます。生活に影響が出る方も多いです。女性は閉経を挟んで約10年ぐらいと考えられています。時期が来たら症状は落ち着いてきますが、症状があるうちは辛い思いをしますので対策をとりましょう。症状がひどく生活に影響が出ている方は、婦人科など専門のクリニックへいきましょう。ホルモンバランスが乱れることで起こりますので、ホルモンの数値を調べるとわかります。

対策と効果

更年期障害の対策としては、クリニックの処方される薬の服用が挙げられます。更年期障害の原因として女性ホルモンの減少があるので、その女性ホルモンを補充するホルモン補充療法が一般的でしょう。また、日常生活面では、ソフラボンの多く含まれている納豆や豆腐、豆乳の大豆食品を摂取するように心がけることが大切です。また、精神的な更年期障害の症状を克服するためには、ストレスを発散するための解消方法を探すのが、一番です。運動をしたり、読書をしたりなど人それぞれの方法を選びましょう。自分で始める更年期障害ケアとして便利な商品は、サプリメントです。イソフラボンやコラーゲン、プラセンタ、更年期障害専用のサプリメントなどが良いです。更年期障害の期間は長いです。継続して使用できるサプリメントを選ぶことをお勧めします。あまり深く悩まないことも大切です。家族がいるなら協力をしていただきましょう。自分でも更年期障害の理解が必要です。更年期障害を受け入れ、向き合って対策をすることが良いです。少しでも症状が軽くなると良いです。

Copyright © 2016 更年期障害の悩みを1人で抱え込まないことが大切 All Rights Reserved.