更年期障害の悩みを1人で抱え込まないことが大切

ストレスに気を付ける

困る女性

要因はさまざまです

更年期障害とは40代から50代にかけて性成熟期から生殖不能期に移行するときに生じる病気のことで発疹や発汗、憂鬱な気分になりやすいなどの症状が起きます。おもに原因は年齢を重ねて更年期になり、卵巣から分泌される女性ホルモンが減ることで自律神経に強い影響を与えることです。精神的には家庭などのこの年代の方特有の悩みなどがストレスになることもあげられます。身体的要因が大きな原因である場合は薬物療法によって改善されるのですが、精神的要因が原因である場合は本人の性格やストレス耐性が深く関わってきます。そのため、なるべくストレスのかからない生活を送るようにしましょう。女性ホルモンが蓄積されやすいのでとても大切であります。ストレスも心理的なものだけでなく、食事などからも受けるので栄養のしっかりしたものを食べることや睡眠も気を付けたいですね。

最近の見解

最近は若年性更年期障害という20代や30代でも生理不順などの更年期障害と共通する症状がでている方が増えています。若年性更年期障害の原因は以前はあまりなかった女性の社会進出が当たり前となった現代で、社会的なストレスを受けてしまいホルモンバランスが崩れることであると知られています。また無理なダイエットなど生活習慣や食事が乱れることも原因となっています。これらの更年期障害に今最もよいとされている治療法がホルモン補充療法です。これは女性ホルモンを外部から注入し、自律神経失調症の症状改善に有効な治療法で場合によっては注入しすぐによくなる方もいます。精神的な部分では専門医によるカウンセリングを繰り返しストレスをかけないように治療します。

Copyright © 2016 更年期障害の悩みを1人で抱え込まないことが大切 All Rights Reserved.