更年期障害の悩みを1人で抱え込まないことが大切

女性特有の病

男性医師

ホルモンの乱れによる病

女性のほとんどが悩む病の1つに、更年期障害が挙げられます。40代〜50代頃のホルモンバランスの変化に伴って現れるこの病は、心身共に様々な影響を及ぼします。ホルモンバランスの変化というと、思春期も同様ですが、それに比べて更年期はホルモンの変化の度合いが大きく、重症になると更年期障害と診断されます。更年期障害が近年注目を浴びている理由として、女性の活躍の場が増えてきたことが挙げられます。女性の身体に固有、特有の更年期障害を理解し、職場などできちんとしたサポートを受けられるようにすることが大切だという動きが活発になっているのです。また、家庭においても夫婦共働き、核家族化など様々な変化が起こっているので、家族の理解も必要ということで様々なメディアでも取り上げられています。

女性をサポートする今後

更年期障害は自力でどうにかなるものではなく、そもそも更年期は女性に必然的に訪れるものです。女性の活発な社会進出に伴って更年期障害の理解も深まり、今後はそのサポート体制が様々な場で確立されていくことが予想されます。また、ストレス社会において更年期障害が重症化する方も増えていることから、更年期障害の治療法の研究、発展は急速に進んでいます。よって、今後は更年期障害を早期に発見・治療したり、重症化しても素早く回復できるような投薬治療などが発達し、普及していくことが考えられます。このように、更年期障害を取り巻く環境は良い方向に向かっていると言え、女性は特有の悩みを抱えつつも社会進出がし易くなっていくでしょう。

Copyright © 2016 更年期障害の悩みを1人で抱え込まないことが大切 All Rights Reserved.